« Skypeできた | トップページ | 最近不調だわ »

店が閉まりました

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

買ったきっかけ:
勝間さんのビジネスパートナー著書

感想:
経済のことがとってもわかりやすい

おすすめポイント:
これはぜひ読んだほうがいい

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

著者:上念司

デフレと円高の何が「悪」か (光文社新書)

今のこの時期はデフレです。物の値段が安くなっていることで

喜んでいる場合ではなく、会社の利益がないので人が雇えない。

新入社員も受け入れ枠が減っている。

この本を読んでいて怖くなっていきます。

自分は何をやるべきか、できることは何なのか。

自分にしかできないようなことは何か。

得意分野に特化して進んでいく方法が簡単。

社員があふれ、アルバイトが切られる、

そこで切られたら、今度がなかなか見つからない。

自立ができないニートが増えてくる。

結婚できない

晩婚化になる

少子化になる

年金がもらえない不安

このデフレから抜け出すには、日銀に紙幣をたくさん刷ってもらうことだそうです。

この本の著者の上念さんにサインをいただきました。

100129_233700これサインですか??と意外でした。

Twitter上で必ず返事を下さる律儀な方です。

広めましょう。この本を読んでください。

|

« Skypeできた | トップページ | 最近不調だわ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店が閉まりました:

« Skypeできた | トップページ | 最近不調だわ »