« とりあえずBOX | トップページ | 仕事内容を書き出す »

女性のたしなみ経済塾4回目

渋井真帆さんの女性のたしなみ経済塾 基礎コースの4回目が終了。

のこり2回となりました。終わると思うと残念です。

引き続き勉強したいと思いますが、それよりも

堀口ひとみさんのコーチングを受けたいと思うので、

そのためにお金をためるか、単発コーチングにしようかと思います。

今日学んだこと

「ニュースで学ぶ経済用語」

為替・国債・円高・円安の話。正直難しかったです。

印象に残ったのは、2009年9月に藤井財務大臣が

「内需拡大のためには円高がいい」と政権交代の微妙な時期に

この内容を記者会見で3回発言したことで、口先介入だと投資家に思われ

円高になった。

●コメントによって相場が動くことがある。

●アメリカの国債は中国が一番持っているため、身動きが取れない。

●日本の国債は日本国内の投資家が所有しているので、アメリカよりも安心。

消費税を上げられる予知があるため。

ギリシャも危ないが、アメリカとは規模が違いすぎるため比較にならない。

慣れない言葉がたくさん出てくるため、脳みそに入りにくかったです。

そして睡眠不足で何回か睡魔がやってきました。今日はなぜか居眠りしている人が多かったです。

年度末で忙しいからね、と渋井さんはフォローしていましたが、

そんな状況をすぐに判断し、休憩時間を早め、長くとってくれました。

休憩時間中もたわいもない話をして、フレンドリーな方です。

夜は23時にご主人が家じゅうの電気を消すので、寝なきゃいけない。とか

「主人が口うるさいんですよ」と幸せそう

書籍にも何度も登場されるご主人は、真帆さんは大好きなんだろうな

というのが今日もわかりました。

そうそうTwitterつながりのわかばさんがご自身のブログに「チェンジメーカー」

というタイトルで、3人のtwitter友達を紹介しています。

一日目はアカウント名@shuhei_Y 映画とディズニーを愛する大学生

二日目は@jaggyboss 踊るOL。

三日目は@sanaisan ←これ私。

こんな風にチェンジメーカーとしてシリーズ化し紹介してくれる、わかばさんは

つぶやきを拾ってくれる、心やさしい方です。

みんなの心の支えになっている、わかばさんこそチェンジメーカー

世界のつぶやきから~どん底シンママのカツマー日記~こちらはトップページです。

どうぞご覧ください。

|

« とりあえずBOX | トップページ | 仕事内容を書き出す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性のたしなみ経済塾4回目:

« とりあえずBOX | トップページ | 仕事内容を書き出す »