« 情報ゲットの次は行動 | トップページ | 昨日届いた本3冊 »

「やればできる」講演会

養命酒を一杯ひっかけたところで、やりますか。

講演会の内容をまとめるとなると、大変なんだな。

レジュメをそのまま載せたら、勝間さんに悪いし、それじゃーつまんないし。

なので私なりの感想。

100108_015946 「やればできる」ための4つの力

●「しなやか力」-まわりに貢献できる自分の”長所の種”を探す

長所を言葉と、声に出して言えること。あなたできますか?

●「したたか力」-自分の長所を伸ばすことにひたすら集中する

生活の中で自分の長所を活かす時間をつくる

●「へんか力」-絶え間なく変わり続ける

勝間さんの例)文化人でない芸能人との対談は、フレームワークが合致せず、20人くらいやってみたが、できないと判断した。

●「とんがり力」-自分の力の中心になる世界に行く

私たちは時間が有限であること。

しなやか+したたか+へんか=とんがり

今日の勝間さんは、鼻声でした。調子悪いのかな?ブログも更新されてないし。

しかし、話のスピードは相変わらず速い

最初はいつものごとく、質問からはじまる。

「私の本を読んだことがある人?」

「私の講演会などで直接話を聞いたことがある人?」

挙手で勝間さんは、実験=アンケートをとっています。それによって内容を変化させているようです。

話のスピードに最初は慣れるまで時間がかかります、そのうちに今日は睡魔がやってきました。

隣の人寝てるし。おい

勝間さんの苦手なこと、新発見。

請求書などの書類関係は、書くのが苦手。だから先方に伝えると、サインだけでいいようにしてくれる。

芸能人と話すのが苦手。

私の苦手なこと、たくさん書けます。

大勢の前で話すこと。

料理すること。

なので苦手なことに時間をかけない。苦手なことを克服しようとすると、疲れる。

時間がかかる。

まとめ

●「強み+環境」を意識しよう

●仲間がいるから「やれる」

●みんなが夢をかなえあうから「できる」

●助けてもらったら、助け返すサイクルを回すことで、ますます自分の出来ることが

広がっていく(元気玉の法則)

やればできるのサイン本は100名だけ買えました。しかし私は既に買っている。

そしてそれは今ダスキンのお姉さんに、貸している。

同じ本をみんなで見たら、「みんなで協力し合っている感」があるような気がします。

だからサイン本は買いませんでした。

みんなこの本を読まずに参加しているのか??

メモ取りまくりの、久しぶりの講演会でした。

頭使ったな~~。

|

« 情報ゲットの次は行動 | トップページ | 昨日届いた本3冊 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「やればできる」講演会:

« 情報ゲットの次は行動 | トップページ | 昨日届いた本3冊 »