« アクセス少ない・・・ | トップページ | エントランスで・・・ »

「断る力」をつける~私の人生が変わった瞬間~

新宿サザンセミナーで行われた勝間和代さんの講演会に行ってきました。

電話で予約してあったが仕事あとに急いで行って、講演が始まったと同時に着いた。席が決まっているとは思わなかったので、びっくりした。2/22の国際フォーラムとは大違い。(席の確保がない)

相変わらず一時間半を余裕でお話しされていました。今日の参加者は初めての方が多かったからかゆっくりしたペースで話をしていました。

それとも私が勝間さんの速いペースの展開に多少慣れてきたせいもあるかもしれない。明らかに「投資セミナー」の内容とペースは全く違い、専門用語も出てこない。

一体勝間さんの頭の中はどうなっているんだろう??

レジュメをいただいたので本の1ページご紹介します

3・あなたにも、実は身につく「断る力」

 身近なところで訓練してみる

 ●自分がやりたくないことを書き出してみる

 ●自分がやりたいことを書き出してみる

 ●上司から頼まれた仕事について、減らす提案をしてみる

 ●飲み会など、行くかどうか迷っていたら、とりあえずは誘いを断る

私が既に実践しているのは一番下の飲み会は好きではないので、(特に大勢の)行かない

やりたいこと、やりたくないことは神田昌典さんの「非常識な成功法則」にも書いてある。

それは書き出しとことがあるな。上司から頼まれた仕事・・・あんまりないからな

むしろ上司に仕事をお願いすることのほうが多い。現場の作業の削減にはこれからも力を入れていく。

定年の課長になんだかお別れの言葉を電話で言われて涙ぐんだのをこらえた。

この課長との1年は頼もしいものでした。誰よりも強く、誰よりも現場のスタッフのことを考え、一人ひとりとちゃんと向き合って話をしてくれるので、みんなが成長できた。

私の要望ものんでくれたので、3月からの新しい一歩が踏み込める。

定年ってどんな気持ちなんだろう。さみしいよね~でも余生はこれから楽しむもの。「残業0の仕事力」でなるほど~と感心した。

|

« アクセス少ない・・・ | トップページ | エントランスで・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~
『断る力』は、まだ読んでいないのですが、気になる本です。
 話はちょっとそれますが、人間の可能性はある意味無限だと思いますが、個人の時間は有限ですね。いつかは死んでしまいますから。だから他人に合わせるのも協調性があり、いいかもしれませんけど、やりたいことが見つかったら即実行するのが、いいのかなと最近思っています。ぼくの場合、セネカ著『人生の短さについて』を読んでそう思いました。

投稿: SHIN | 2009年3月 1日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「断る力」をつける~私の人生が変わった瞬間~:

« アクセス少ない・・・ | トップページ | エントランスで・・・ »